体の悩み相談相談室

AGAの進行

 

 

AGAはある日突然、バサッと毛が抜けて薄くなるわけではなく、
時間をかけてゆっくりと進行してきます。

 

 

あくまで、個人差や時期にり速さは違います。

 

 

実はAGAのごく初期の段階では、髪の軟毛化が始まります。

 

 

僕は高校生の頃、ワックスなどの整髪料を使っても髪を立てることができず、
悲しい思いをしたことがあります。

 

 

まだ、明らかに薄くはなかったですが、今思うとあの頃からすでに軟毛化が始まっていたんでしょうね。

 

猫っ毛だから、かわいいと言われたあの頃。

 

もう一度戻りたい。

 

そんな気持ちになります。

 

AGAは進行度合いによって以下のような感じになります。

 

 

ごく初期

 

抜け毛が増える・髪にコシがなくなる・セットが決まらなくなる

 

初期

 

生え際が後退し始める・頭皮が透けるようになる

 

中期

 

ぱっと見でわかるくらい薄い・明らかに頭皮が透けている

 

後期

 

生え際や頭頂部がツルツルになっている

 

 

ごく初期と初期はヘアサイクルが短くなって軟毛が増え始めた段階

 

中期は一部の毛はほとんど成長せずに皮膚の表面から出てこなくなった段階

 

そして、後期はほとんどの髪が成長せずに、皮膚の表面から顔を出す前に抜けてしまう状態

 

いわゆる「ツルツル」の状態ですね。

 

中期までならまだ回復が見込めますが、このツルツルの状態にまでいってしまうと、
なかなか生やすのは難しくなってきます。

 

「AGAは早めに治療した方がいい」

 

と言われるのは進行しすぎると回復が難しいからです。

 

あれ?と思ったときが勝負なんですよ。

 


こちらで詳しく説明します