男の悩み相談所

レバレッジとは



 

 

証拠金とレバレッジの仕組み
少ない元手でも大きな利益が期待できるFXのメリットとリスクとは何か?

 

少額で大きな取引ができるワケ

 

FXの仕組みを理解するためには、いくつかの専門的な用語を理解することが必要だ。
ここではFXに関する専門用語を、少しずつ学んで行こう。

 

すでに説明したように、FXは少額からの取引が可能だ。
この理由を理解するポイントは、FX独特の「証拠金」というしくみにある。

 

FXでは取引会社に預け入れる資金のことを証拠金と呼ぶ。証拠金取引の特徴
は、自分が預け入れた証拠金を担保にして、取引会社から資金を借り入れること
により、もとの証拠金の数倍〜数百倍相当の取引が可能となることだ。

 

預け入れた証拠金の何倍までの取引が可能かは、「レバレッジ」という言葉で表
され、例えばレバレッジ25倍というと、自分の預け入れた証拠金の最大25倍まで
取引ができることを意味する。

 

利益が何倍にも!レバレッジの魅力

 

「レバレッジ」の元来の意味は「てこ」。
大きなものを小さな力で動かすことができる棒のようなものを想像してもらえればいいだろう。

 

レバレッジをかけた取引をすると、レバレッジに比例して利益や損失がその分大きくなる。

 

例えば、10万円の証拠金で10倍のレバレッジをかければ、100万円相当の取引が可能だ。

 

100万円全額を投資した場合、101万円になっても利益率は1万円+100万円の1%に過ぎない。

 

しかし、レバレッジ10倍、つまり元手が100万円の10分の1の10万円でいいなら、
同じ1万円の利益でも、利益率は1万円÷10万円で10%になる。

 

つまり、レバレッジ10倍の取引では、レバレッジをかけない場合と比べて10倍になるのだ。

 

もちろんFXではレバレッジを抑えた取引も可能なので、ローリスクーローリターンを目指すこともできる。

 

自分にあったリスクとリターンを目指せるのもFXの特徴なのだ。

 

最初は低レバレッジで

 

数年前までは500倍のレバレッジがかけられるFX会社もあったが、10年、11年に
金融庁によリレバレッジ規制が敷かれ、現在は最高25倍までに規制されている
(ちなみに法人口座では、レバレッジが規制されていない)。

 

レバレッジ規制によって、FXの魅力の一部が損なわれた面もあるが、これか
らFXを始める人にとってみれば、最高25倍というのは十分なレバレッジだ。

 

実際のところ、初心者のうちは、レバレッジは数倍程度から始めたほうが安全だ。
FXはリスクを考えない投資をすると、大きな損失を被ることもある。

 

まずはあせらずじっくりと取り組む姿勢が特にFXには不可欠だ。

 

大損しない仕組み

 

FX証拠金の最大25倍の金額での取引が可能なので、どうしてもハイリスク・
ハイリターンになりがちだ。

 

そこで取引会社では、証拠金を大きく上回るような
損失が出ないように、「マージンコール」と「強制囗スカッド」という、2つのしく
みを導入している。

 

「マージンコール」とは預けている証拠金に対して損失が一定以上に積み重なったら、追加の証拠金を入金すること。

 

「追証(おいしょう)」ともいう。
一方、「強制ロスカット」は損失が証拠金の一定以上に膨らむと、現在あるポジションをFX会社が強制的に反対売買することだ。

 

強制ロスカットされると損失は確定してしまうが、それ以上に損失が膨らむことはない。

 

ただし、このような仕組みが整備されていても、最終的には投資家の自己抑制がカギとなることは言うまでもない。