男の悩み相談所

高血糖のリスク

いよいよ、本題です。

 

先ほど、お酒の表を見てもらいましたが、あなたはどこに注目しましたか?

 

もしかして、カロリーだけ見ていませんでしたか?

 

間違いはありません。

 

カロリーは、もちろん大切です。

 

カロリーが多すぎれば間違いなく太ります。

 

しかし、もっと重要なことは糖質です。

 

現代人は、欧米化して高カロリーな食生活をしています。

 

それと同時に糖質を過剰に摂取してしまっています。

 

動物が誕生して約400万年のうち農耕が始まったのが約1万年前、定着して
約5000年といわれています。

 

それまでは、狩猟や採集で食糧を確保してきました。

 

いってみれば、糖質制限を約399万年以上続けてきたわけです。

 

ですので、糖質の少ない食事の方が実は、体にあっているのです。

 

その証拠に、血糖値を下げる唯一のホルモン「インスリン」

 

これをバックアップしてくれる機能(ホルモン)は存在しません。

 

399万年以上人類の歴史に必要がなかったため、進化しなかったのです。

 

この「インスリン」の分泌によって、糖尿病になってしまいます。

 

糖尿病になってしまうと、過酷な食事制限、強制的な運動など日常生活が変わってしまいます。

 

糖尿病だけでは、ありませんが血糖というのは、それほど重要ということです。

 

その代わり、血糖値や血圧を上げる機能は豊富にあります。

 

これは、狩猟生活の中で、食べるものがなくても生きていけるように進化した機能といわれています。

 

つまり、体が糖質を毎日摂取する食生活の進化がなかったということです。

 

昔の人は運動量が豊富といわれるように、体を動かしていたので糖質を取っていても過剰になることはありませんでした。

 

現代人は、豊かな生活のため運動量も減り、高カロリーな食生活をしています。

 

結果的に、太る体質のサイクルに陥ってしまっています。

 

このインスリンは別名脂肪ホルモンと呼ばれています。

 

それは、血液中のブドウ糖をエネルギーとして使えるようにする働きをしてくれますが、過剰に分泌されると、体に脂肪を蓄えさせようとしてしまいます。

 

そのため、糖質を控えることがダイエットの近道になっています。

 

また、このインスリンが大量に分泌されるのは、食後1時間です。

 

食後、具合が悪くなる人が多いのもこのためといわれています。

 

インスリンは少なければいいわけでもありません。

 

血糖値(血液中のブドウ糖の量)が慢性的に高くなる病気のことを糖尿病といいます。

 

高血糖はブドウ糖を利用したり貯蓄するように働くインスリンの不足が原因になっています。

 

なぜ、不足してしまうのか?

 

大きく分けて、インスリンを分泌するすい臓が破壊されてしまう(これを1型糖尿病といいます。)

 

インスリン分泌の機能が低下してしまう(これを2型糖尿病といいます。)

 

日本人の約9割がこの2型糖尿病といわれています。

 

「糖尿病じゃないから関係ない」

 

そういう方もいらっしゃると思いますが、他人事ではありません。

 

糖尿病予備軍といわれる人は、なんと2200万人もいるといわれています。

 

知らないだけで、予備軍に入っている人もいます。

 

また、高血糖によって少しずつ血管が傷つけられ、さまざまな病気として現れてきます。

 

血糖値が高くても残念ながら自覚症状は、でにくいです。

 

あなたは毎日、高血糖食を食べていませんか?

 

脅かすわけではありませんが、すでにあなたの血管が傷ついている可能性があります。

 

「心筋梗塞」や「脳出血」など一度病気が起これば死に直結する可能性がある病気が起こりやすくなっています。

 

もちろん、高血糖だけが原因では、ありません。

 

肥満や高血圧などの生活習慣をはじめ喫煙も動脈硬化を促進させる要因になっています。

 

喫煙は、1本吸うたびに血管が収縮して血管を傷つけてしまっています。

 

ですので、お酒はやめなくても結構ですが、タバコは絶対にやめてください。

 


アルコール依存症 5日間禁酒トレーニング【鉄腕脱酒】