男の悩み相談所

お酒は、体にいいの?

お酒は、まったく飲めない人。

 

 

お酒なしには、生きられない人。

 

 

飲めるけど、毎日飲まなくてもいい人。

 

 

などなど

 

 

個人差があると思います。

 

 

しかし、お酒は依存性が高く、アルコール依存症という病気まで存在します。

 

 

たかが、お酒。

 

 

されど、お酒。

 

 

正しい付き合い方をしらないと、人生お酒で失敗します。

 

 

そもそもお酒を毎日飲む方は、どんな心理状態なのでしょうか。

 

 

一度、酔っ払う気持ちを覚えると脳は、それを記憶してまたお酒を飲ませようとします。

 

 

お酒を飲まないと喉が渇く、寝付けないなど

 

 

アルコール依存の可能性があります。

 

 

アルコールは、適量を守れば百薬の長といわれるぐらい健康にいいです。

 

 

しかし、いったん飲み始めると少量では、酔わなくなってしまい結局少量では、すまなくなってしまいます。

 

 

アルコールは、アルデヒドという毒性の物質を作ってしまい、これが二日酔いの原因にもなります。

 

 

アルコールは、肝臓でこのアルデヒドが分解されますがその速度は個人差があります。

 

 

日本人は、欧米人に比べてこの分解速度が遅いとされています。

 

 

日本人は、元来お酒を大量に飲む民族では、なかったのでこれもなっとくです。

 

 

ちなみに、適量は缶ビールなら350ml缶1本です。

 

 

慣れるまで我慢が必要ですが、適量を気をつけることです。

 


アルコール依存症 5日間禁酒トレーニング【鉄腕脱酒】